喜び

お金

こんにちは、ケニックです。

仕事の関係で、日頃から中小企業の社長と会う機会が多く、今まで300人以上の「お金持ち」と会ってきました

一般人もお金持ちも、お金を増やしたい! と思っているのですが、実際にお金を増やせる人はごくわずか。ナゼなのでしょうか?

この記事では、私が出会った、お金持ちに共通している「ケチ」の部分について解説します。

  • ムダな物は買わない
  • 本当に必要な物にお金を払う
  • お金の流れを把握する

ケチになれば、お金は増えます。

間違いありません。

でも、どんな風に「ケチ」になればいいのか?

まずお金持ちに共通している「ケチ」についてみていきましょう。

ムダを無くすと、年間100万円以上節約できる場合も。あなたはどれだけケチになれていますか?

お金持ちになるには「ケチ」になるのが最短ルート

ケチ

お金を増やすには順番があります。

  1. ムダを見直す
  2. 固定収入となるベースを作る
  3. 複業収入を作る
  4. 再投資する
  5. 余裕が出てきたら、金融資産にぶち込む

このムダをなくす部分を「ケチ」になると読み替えて下さい。

ケチというのは、自分が興味がある物には一瞬で数万円、数十万円支払うのに対して、不必要な外食はしなかったり、ちょっと休憩する時だって、コンビニの100円コーヒーで十分だ。といった具合です。

一緒に食事するときも、お会計はきっちり割り勘です。(お金持ってるなら、奢ってよ…とは絶対に言えませんが^^;)

いやいや、何言っているんだ! 俺/私の知ってる金持ちは違うぞ!とご意見もあるかもしれません。

一番お伝えしたいのは、何にお金を使うべきかハッキリさせ、ムダが少なくさせるのが重要ということ。

お金の流れを把握していない人は、まず家計簿をざっくりでいいのでつけましょう。

そこが最初のスタート地点です。

生活費のムダを無くす5つの方法

ムダな出費

会社員の方を前提に考えます。

一般的には給料=収入になります。夫婦共働きの場合も同じです。

そして、その中からお金を使います。ざっくり項目を以下のように分けてみます。

家計簿をつけて、お金を流れを「見える化」する

みる

 

住宅ローン車ローン食費教養・教育日用品
保険通信費水道・光熱費健康・医療その他

 

我が家では、1ヶ月の出費を10項目にざっくり分けています。さて、ここで質問です。

あなたは先月の以下費用を直ぐに答えることができますか?

携帯代は?保険代は?その他費用は?

 

まずはムダを洗い出しましょう。

独身・既婚・業種など関係なく、自分が稼いだお金がどこにどう消えているのか把握しておきましょう。

案外、あなたは節約している生活を送っている様で、ムダが生じているかもしれませんよ?

他の人の内容も参考に自身の収入と支出のバランスについて考えてみて下さい。

家計の平均生活費はどのくらい?

ムダな保険に入っていないか確認

怪我

住宅ローン車ローン食費教養・教育日用品
保険通信費水道・光熱費健康・医療その他

 

私は保険会社に8年間勤務しています。

ハッキリ言うと、保険会社の商品でお金を「増やす」ことは効率が悪すぎます。

商品によっては、お金が貯まりますが、現状加入する保険だと40年近くお金を預けて数%しか増えません。

毎年数%UPではありません。30年や40年で数%です。

やめましょう。

最近は、外貨建て商品や変額商品も発売されていますが、その商品に加入するなら、株を直接始めた方が圧倒的に効果的です。

保険会社の人間が言うのです。間違いありません。

保険でお金を増やすことは辞めましょう。

保険は保険です。長くなるので、これは別記事で紹介します。

携帯代は1人3,000円前後で十分可能

携帯

住宅ローン車ローン食費教養・教育日用品
保険通信費水道・光熱費健康・医療その他

Softbank・Docomo・auユーザーの方は月額利用料金を見直すことをお勧めします。

一般的な利用方法であれば、格安SIMで月額1,000円から4,000円以内に収めることが可能です。

我が家は全員Yahooモバイルに乗り換え済みです。

それまでは1人5,000円〜7,000円支払っていたので、年間計算すると5万円以上安くなっています。

5万円あれば、ちょっとした旅行にも行けますし、もちろん投資に回すことが可能です。

 

ここまでで、既にお金の全体の流れ、保険代・携帯代の見直しを行いました。人によっては年間数十万円以上の効果が出ているはずです。

次は、曖昧になりがちな「食費」と「その他」の項目です。

食費

住宅ローン車ローン食費教養・教育日用品
保険通信費水道・光熱費健康・医療その他

 

主に外食が多くなりすぎていないか確認します。

ここはざっくりでOKです。

エンゲル係数が25%前後が平均と言われていますが、あなたの家はどうですか?

エンゲル係数 理想と平均 

 

その他

意外と重要。

住宅ローン車ローン食費教養・教育日用品
保険通信費水道・光熱費健康・医療その他

 

利用したお金をどの項目に当てはめるかは、ざっくりでOKですが、その他に多く計上すると、この項目が以上に大きくなります。

例えば、会社付き合いの飲み会やゴルフ、その自腹接待はこの分野に入ってきます。ここの出費があまりにも大きければ、見直しを検討しましょう。

  • 飲み会の回数を減らす
  • ゴルフの回数を減らす
  • 自腹接待の回数を減らす

ただし、自己投資はバンバンすべきです。

  • 勉強の為に本を買う
  • 健康維持のため、ジムに通う
  • 興味があることを実際に体験してみる

そこにお金はガンガン投資するのですが、Bookoffで中古本を買ったり、新書でもキンドルなら安く買えます。

ジムに通う場合でも、市営ジムなら格安で300円/回で利用できる場合も。

同じ自己投資を行う際でも、ちょとした工夫でどうにでもなるので、色々考えていきましょう!

無駄を無くしてお金を将来に回す

喜び

住宅ローン車ローン食費教養・教育日用品
保険通信費水道・光熱費健康・医療その他

 

まずは、「保険」「通信費」「その他」の項目を見直しましょう。

我が家の場合、次は自動車を売却するか否か悩んでいます。カーシェアリングに切り替えられれば最高です。

まずは、固定費を削減すること。これがスタートラインです。

次は・・・税金です!

 

まだあるのか?! 早く投資の話を聞きたい! 株・仮想通貨を始めたい!と思われているかもしれませんが、税金の仕組みを知るのは超大切です。

知らない人は、損しまくっています。

何もしない=損しているです。

お伝えしたいことは山ほどありますが、最低限、ふるさと納税と天ポイントは最大限活用して下さい。

小学生でも分かるように丁寧に解説しますので、一緒について来てください。

絶対に損はさせません。

おすすめの記事