妊婦加算がなぜ決まったのか 具体的な内容と現状

tax-for-pregnant

妊娠中の嫁と仲良くお昼ご飯を楽しみ、スマホをパッと開くと、こんなつぶやきを発見しました。

妊婦の外来受診 負担増?

妊娠中の嫁がいるので、非常に気になる内容です。

調べてみると驚きの制度改定が行われていました。

制度改定内容
時期:2018年4月以降
対象者:妊婦
内容:自己負担3割の場合、初診で約230円UP。再診は約110円UP。深夜や休日、診療時間外はさらに増額。

いやいやいや

なんで??

少子高齢化をもっと進めたいの??

なぜ妊婦さん狙い撃ち?

と、一気にプンスカモード全開です。

  • なぜ妊婦をいじめる制度ができたのか?
  • なぜ費用が上乗せされるのか?

たくさん記事がありましたが、どれも素人には

分かりずらい専門的な内容だったので、

簡単に内容を記事をまとめてみました。

妊婦加算は2019年1月に廃止されてます。廃止に至った経緯は別記事にまとめています。

妊婦加算の具体的な内容と対象診療科

どんな制度なんですか?

妊婦が病院で外来診察を受けた場合、病名や診療科にかかわらず、通常の診療料にお金が上乗せされる制度です。

どの診療科でも対象なんですか?

どの診療科でも妊婦加算を利用できます。

例えば、内科や耳鼻科、産婦人科でも医者が判断すれば、費用を上乗せできますし、妊婦に直接関連しない傷病(感冒等)の診察を行っても費用を加算できる制度です。

(引用元:京都府保険協力会)

医者はどの様に判断するんですか?

妊娠反応検査の実施や母子健康手帳の確認は必要なく、医師が診察の上、妊婦であると判断した場合に費用上乗せが可能です。(引用元:京都府保険協力会)

・・・ん?

tax-for-pregnant

と言うことになります。対象の診療科が限定されていないので、どの科でも利用可能です。

こ、、これは困りましたね。

妊婦加算はどのくらい費用が上乗せされるんですか?

妊婦加算で実際に上乗せさせる費用:外来の場合

初診再診
通常2,820円

846円

720円

216円

妊婦加算750円

225円

380円

114円

(カッコ内は自己負担3割の負担額)

この様に、通常料金に妊婦加算が追加されます。数百円の違いですが、私は納得できません。

なぜ妊婦さんだけ加算されるんでしょう?日本の未来はお先真っ暗??プンスカモードはまだ治りません。

妊婦加算で実際に上乗せさせる費用:時間外や休日の場合

通常費用とは別に、以下金額を上乗せされます。

〜初診〜

時間外2,000円(600円)
休日3,650円(1,095円)
深夜6,950円(2,085円)

〜再診〜

時間外1,350円(405円)
休日2,600円(780円)
深夜5,900円(1,770円)

(カッコ内は自己負担3割の負担額)(引用元:厚生労働省)

500円〜2,000円上乗せされてきます。いたい・・・これは痛いぞ!

妊婦加算は、どの診療科でも上乗せが可能です。やっぱり納得できないですよね。なぜ、上乗せ費用を取るのでしょうか??

妊婦加算が導入された背景は?

妊婦加算は、妊婦が病院で外来診察を受けた場合、病名や診療科にかかわらず、通常の診療料にお金が上乗せされる制度です。

調べれば調べるほど、妊婦さんが狙い撃ちされているように感じます。国立国際医療研究センター医事管理課長の須貝和則さんのお話によると

背景には、どうも妊婦を避ける医療機関があって、妊婦を「産婦人科で診てもらってください」と帰していることが少なくない現実があるようです。

医療機関側には妊婦に何かあっても対応できない、余計なリスクを避けたいという気持ちもあるのかもしれません。

実際、妊婦に対しては、放射線画像検査を避けることはもちろんですが処方にも気を遣います。厚生労働省には、そこに加算というアメを与え、体制を変えようという狙いがあるのかもしれません。

少しでも多くのお医者さんが妊婦さんを診るよう、体制を変える為に制度が必要なんだと。と説明されています。

つまり、妊婦さんの大切な体を守るには、たくさん知識が必要であり、【気遣い料】として【妊婦加算】を導入したと。それでも私は納得できません。

確かに妊婦さんの大切な体を守るために多くの知識が必要かと思いますが、それは医学部で学ぶことはできないでしょうか?そもそも、ここまで大量に薬が存在することで医者の判断を阻害してるのではないでしょうか?

と、せっかくなので医者の友達に聞いてみました。

妊婦加算制度について現役の医者(内科医)に意見を聞いてみた。

妊婦加算制度について現役の医者(内科医)に意見を聞いてみた。

実際、妊婦だから診てもらえなかったというパパ・ママの声はたくさん聞きますが、この制度利用で大きな変化が起こるかどうかはわからない、が本音のようです。

Twitterも探しました。

Twitterの意見

私は、安くしろとは言っていません。この制度を利用して、積極的に妊婦さんも診ていこう!という病院がどれだけ増えるのか?疑問です。

だったら、なぜ妊婦加算を実施したのでしょうか?と国に問いたい。

妊婦加算 一般市民の声

 妊婦ですけどこの薬100%大丈夫?はNG

最後に私の個人的な主張ですが、今回の制度改定の背景は、主に妊婦の診察を嫌う診療科の改善が目的とされています。

産婦人科以外のお医者さんも、もっと妊婦さんを診てくれよ!ってことです。なぜこんなことが起こったのか?

無茶な質問をする妊婦さんが多い?

これは、絶対にあると思います。例えば、あなたがお医者で患者からこんな質問を受けたとします。

  • 妊娠中でもこの薬100%大丈夫?
  • 子供に悪影響ないですか?
  • 絶対大丈夫ですか?

いや、絶対って・・・

わからんよ!嫌なら飲むな!

となるのが、医者の心情だと思います。何かあったら、訴えられるのは医者です。

すると、妊婦さんは答えを求めて産婦人科に集中します。でも、産婦人科の先生も専門外のことは答えられない。誰も答えられない→妊婦さんが一番辛い

だから、国がお金を払うから、各診療科でも診てあげてね!って流れだと思います。ある意味、私たちがこの制度改定を引き起こしてしまったと考えることもできるのです。

あまりに意味不明な質問があると、お医者さんも普通の人とは違う?妊婦さんの検診を毛嫌いするのはしかたないですよね。

100%安全な薬なんてない。不安なら総合病院にいこう

妊婦加算が目立っているが、他にも加算制度はたくさんある

と、ネットを探すと肯定派の意見と否定派の意見がたくさんありますが、私は妊婦加算には反対です。

たかが、数百円かもしれませんが、妊婦に対して費用を負担を強いるのはフェアではないです。

しかし、記事執筆のため、いろいろ事情を調べ、私たちにも原因があったことがわかり、気持ちが落ち着きました。

でも、妊婦さんは大変です。妊娠初期はイライラしたり涙が止まらなかったり。つわりなど苦しい時期を乗り越え、やっとご飯食べれる!と思っても今度はいちいち食材を気にしないといけない。

お風呂で体を洗いにくい。仰向けで眠れない。

小さなことでもストレスだらけです。で、病気になったら今まで以上にお金がかかる!

大変ですが、一緒に頑張っていきましょう。少しでもこのサイトを通じて、あなたが、夫婦円満の生活を送ることができるよう、心より応援しております!

今日はここまで!

参考文献

病院経営事例集

妊婦の外来受診 なぜ負担増?

京都府保険協力会

おすすめの記事