Squoosh

 

Googleの無料画像圧縮サービス「Squoosh」が想像以上に便利です!

 

  • Squooshの特徴
  • Squooshの使い方
  • 他の画像圧縮サービスとの比較

 

について、記事を書きました。結論からお伝えすると、

 

  1. 操作性に優れている
  2. 圧縮度が他のサービスよりも優れている
  3. Google推奨のサービス

 

と使わない理由が見つからないほど優秀なサービスです。この機会に「Squoosh」に乗り換えを検討してもいいかも?

『Squoosh』画像圧縮サービスとは


 

Squooshとは、Google Chrome LabというGoogleが開発した無料の画像圧縮サービスです。画像圧縮サービスはたくさんありますが、「Squoosh」は以下3つの特徴があります。

 

特徴
細かい設定が可能
画像圧縮率が高い
PC/モバイルで利用可

Squooshは細かい調整が可能

Squooshは、ブラウザ上でオリジナル画像を見比べならが画像を圧縮できます。まずはこの動画をご覧ください。(Google作成の動画です)

 

 

動画の通り圧縮する画像をリアルタイムに確認でき、圧縮レベルも1%刻みで調整できます。軽量化できる圧縮方法は、以下の中から選ぶことができます。

 

  • OptiPNG
  • MozJPEG
  • WebP
  • Browser PNG
  • Browser JPEG
  • Browser WebP

 

ほとんどの圧縮方法に対応しています。(Browser系の圧縮って…なに?気になります。)

Squooshは画像圧縮率が高い

いくつか、オンライン画像圧縮サービスと比較しましたが、圧縮率はNo.1です。無料ソフトでここまで痒いところに手が届くのはありがたいですね。

 

後ほど、その比較も紹介します。

SquooshはPC/モバイルで利用可

後ほど、「使い方」の章で解説しますが、パソコンだけではなく、スマホ(iPhoneやAndroid)やタブレットでも利用できます。

 

外出中に撮った写真を画像を圧縮したり、スクショ画像のリサイズだって一瞬です。

注意点

注意点
1枚ごとに圧縮が必要。
複数画像の同時圧縮はできない。

 

画像は1枚1枚圧縮する必要があり、画像を丁寧に管理したい人向けのサービスです。10枚や20枚を一気に圧縮したい人は、従来通りTinypngがおすすめです。

https://tinypng.com/

『Squoosh』の使い方:パソコン編

Squoosh

公式ページを開く

URLをクリックし、公式ページを開いてください。https://squoosh.app/

 

圧縮画像を選択する

Squoosh2

圧縮する画像を選んだ後は【ドラッグ & ドロップ】または【画像を選択】します。

選択した画像を圧縮する

Squoosh3
選択した画像が画面に写し出されます。

 

左側:元画像 201kB
右側:圧縮後画像 72.4kB

 

画像は64%も圧縮されていますが、違いは全然わかりません。

 

Quaity(品質)は0%~100%まで変更できるので、好みに合わせて調節してください。デフォルトは75%です。

 

10%にした場合はこちら。ここまで圧縮すると一目瞭然ですね。

 

Squoosh4

Quality10%を選択した場合

ちなみに、0%を設定すると20年前のゲームみたいに変わって面白いです。

 

Squoosh5

Quality0%を選択した場合

 

『Squoosh』の使い方:スマホ編

公式ページを開く

URLをクリックし、公式ページを開いてください。https://squoosh.app/

画像圧縮サービス「Squoosh」がめちゃ便利!使い方から比較まで!

画像を選択

スマホだと、ドラッグ&ドロップが出来ないので、画像を選択します。

画像圧縮サービス「Squoosh」がめちゃ便利!使い方から比較まで!

画像圧縮をスタート

圧縮率はパソコンもスマホも同じです。

画像圧縮サービス「Squoosh」がめちゃ便利!使い方から比較まで!

元画像:3220kB
圧縮後:98.6kB
圧縮率:97%!!!

画像圧縮サービス「Squoosh」がめちゃ便利!使い方から比較まで!
外出中でも、スマホやタブレットで十分利用できるスペックでした。

 

「Squoosh」とオンライン画像圧縮サービスの比較

有名、かつ無料の画像圧縮サービスと比較してみました。

Squoosh:201kB→72.4kB
TinyPNG:201kB→150kB
Kraken.io:201kB→146kB
compressor.io:201kB→200kB
Optimizilla:201kB→129kB

『Squoosh』の一人勝ちでした。さすがGoogle様。

*圧縮する画像によっては、『Squoosh』より他サービスが優位になる場合もあります。

画像圧縮の重要性

ネットに画像を載せる場合、ほとんどのケースで画像の軽量化は必要です。

 

画像容量が大きければ、ダウンロード時間増えることで、SEO評価も悪くなってしまいます。

 

Googleは近年、サイトスピードも重視しているので、画像圧縮によりSEO効果も見込めます。自身のサイトスピードを確認したい方は、以下3サイトでチェックしてみて下さい。

 

検索サイト

 

まとめ:『Squoosh』は痒いところに手が届くめちゃ便利なサービス

ここまでユーザー目線で考えられた無料の画像圧縮サービスは、今のところ「Squoosh」だけです。

少しでも気になれば、使ってみて下さいね!自分の目的や使いやすさに応じたツールでサイトの軽量化を目指しましょう。

 

参考URL

Googleが『Squoosh』を発表した時の動画です。30分くらいありますが、ボ〜ッと見てるだけでも面白いです。

おすすめの記事