会社員こそ複業を始めるべき5つの理由

ケニック
こんにちは、絶賛複業中のケントニックです

 

  • 複業解禁!
  • 会社員も副業しよう!

 

と複業を後押しする声が大きくなってきましたね。。

 

私は30歳・妻子持ちの会社員ですが、仕事が終わる→帰宅→ブログ更新をこつこつマイペースで頑張っています。

 

  • 副業:本業の他にする職業
  • 複業:どちらが本業or副業か区別できないレベルの業務

 

副業のイメージは、ポイントサイトでアンケートに答えたり、短期アルバイトする仕事。逆に、本業と同じレベルで仕事に没頭する副業=複業になります。

 

私の場合は、複業=ブログです。

 

そして、私は、以下5点の理由からサラリーマンこそ複業に力を入れるべきだと思っています。

 

  • 複業 x 会社員は最強の組み合わせ
  • 複業で仕事が広がる
  • 複業で好きな生き方を実現する
  • 複業で収入が増える
  • 複業で人間力を高める

 

ハッキリ言って、自分に合う複業が見つかれば最強です。なぜ複業を始めるべきなのか?を深掘りします。

 

複業 x 会社員は最強の組み合わせ

 

  • 会社員は経験が豊富
  • 複業に失敗しても固定給がある

 

複業には色んな種類がありますが、社会人経験がある人ほど有利であると私は思っています。それは、学生が経験したことのない苦労・喜びを知っているからです。

 

会社員は毎日数時間をかけ仕事に従事し、そこで学ぶ知識は膨大な量です。ちょっとした社会人マナーから専門知識まで、あなたにとっては当たり前の情報も、学生や新入社員、異なる業界の人には真新しく映る可能性はあります。

 

しかし、時代の流れで、残業なし・パワハラ/セクハラの問題化が進めば、積極的に上司が部下の指導に携われる時間は必然的に減っていくでしょう。

 

 

つまり、本来は上司から部下に口頭で伝えられてきた「ノウハウ」が伝授されなくなる可能性が高くなります。

 

  • 知っておくべき仕事術
  • 賢い節約方法
  • 美味しいお酒の飲み方
  • 株で儲ける基礎知識
  • 不動産の選び方
  • ダイエットを成功させる秘訣

 

なんでもいいので、あなたが知っている事を書き出してみましょう。そして、ネットで調べて詳しい情報が掲載されていなかったりすれば、その分野で専門家として地位を確立できる可能性があります。

 

たとえば、私の妻は専業主婦ですが、文章を書くのが得意なので、ランサーズやクラウドワークで記事を投稿していました。

 

その結果、ある日ネット通販を行なっている企業と3ヶ月の直契約を結べたり、副業が複業に変わることもありました。

 

ケニック
最近はYoutubeもデビューし始めています!

 

たとえ複業で失敗しても、会社員として固定給があれば、何も恐れる必要はありません。また、新しい事を始めればいいだけですし、1度目に失敗したことで得ることもあるでしょう。

 

会社員こそ、複業に挑戦するべきなのです。

複業で仕事が広がる

 

私の周りはお酒が大好きな人間が多いです。単に飲み歩きを趣味とする知人もいれば、複業でバーを経営している知り合いもいます。

 

要はどこまで本気になって複業に取り組むかの違いになってきます。

 

  • 美味しいお酒の飲み方
  • 最高のおつまみを提供してくれるお店情報
  • 仕入れ方法
  • 喜ばれるお酒の種類

  

などなど、酒好きしか知らない情報には多くの価値があります。

 

趣味を複業にして稼ぐには、その情報に価値があることを知り、惜しみなく発信していくことが大切です。

 

その結果、酒好きの仲間が出来たり、場合によっては講演会にゲスト出演することができるようになったり、趣味が複業に繋がる可能性も十分あるのです。

 

 複業で好きな生き方を実現する

 

仕事以外の繋がりができると、多くのメリットが生じます。私は個人的に以下2点の恩恵を強く感じています。

 

  • 心のゆとりができる
  • 知見が広がる

  

まず、複業を始めると圧倒的にメンタルが強くなります。

 

私は金融機関に勤務しており、猛烈なプレッシャーを多方面から浴びます。そんな時、「昇進」や「社内の目」を自分軸の中心に置いている場合、間違いなく自分を見失いやすくなります。

 

なんのために働いているんだっけ・・・?と。

 

ですが、私は複業で稼げること、色んな働き方がある事を知ったことから、出世意欲が0になり、仕事のプレッシャーで心が折れるほど働く必要はないと感じるようになりました。

 

もちろん、本気で仕事に取り組むのですが、最悪、転職すればいいや。の気持ちを常に持っているため、変に会社にしがみつかなくなりました。

 

すると、会議でも意見もハッキリと言えるようになりますし、上司が退社するまで会社で残業しなければならない…と意味不明な行動も無視することができるようになります。

 

 

社内評価、昇進に価値を置き過ぎると、自分を見失い、心が崩壊する可能性もありますよね。

 

好きなことで生きていくほど人生は甘くありませんが、何がどうなるか分からないからこそ、複業でリスクヘッジすることが大切なのです。

 

自分軸を持つと、人生楽になりますよ!

 複業で収入が増える

 

複業を始める理由の多くは金銭的な欲求だと思います。私自身、”複業で稼ぎたい!”そんな想いでブログを始めました。

 

どんな複業であれ、給料以外にお金を稼ぐと気分がワクワクします。最初は数百円や数千円かもしれませんが、継続することで毎月給料以上の額を稼ぐ複業家は沢山います。

 

  • 自分のため
  • 家族のため
  • 子供のため

  

稼ぐ理由は千差万別。幸せの定義も人それぞれです。でも、間違いなくお金があれば選択肢が広がりますよね?

複業で人間力を高める

 

複業で成功している人は皆イキイキとしています。それは、金銭的な束縛から解放された喜びだけでなく、「嫌な仕事をする必要がなくなった」からだと思っています。

 

会社の給料に拘る場合、会社クビ=無職ですよね。そりゃ、必死に昇進も社内営業も頑張るわけです。

 

  • 業務プレッシャー
  • 終わりのない残業
  • 意味のない飲み会/カラオケ
  • 将来に対する不安

 

など、どれだけ給料が上がっても不安は付きまといます。

 

私自身、年収1,000万円に到達しましたが、想像していた世界からほど遠く、「あれ?何も変わらない…」と支払う税金が高くなることに違和感を感じる日々を送っています笑

 

給料で言えば年収3,000万円を超えると世界が変わるのでしょうね...

 

ということで、最近は社内競争に精を出し、年収1,200万や1,500万を狙うのではなく、年収は600万でも良いので、複業を通じて「自分の時間」を中心に働く方法を模索しています。

 

まさにこのような考え方です。

 

 

こう考え始めると、今まで怖かった転職も臆することなく、新しいことに挑戦してみようかな?とワクワクする気持ちが心の底から湧き上がってきます。

 

もちろん30歳なので、新しい業界にチャレンジするにはギリギリの年齢なのですが、人生は一度切り。

 

どうせ死ぬ直前には、やった後悔より、やらなかった後悔が悔やまれることは分かりきっているので、今レバレッジを掛けて頑張ろうと思っています。

 

もしこの記事があなたの背中を押すことができれば幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。

おすすめの記事