ワードプレスで光るボタンを設定する方法 図解付きの簡単3ステップ! 

ボタンを押すとyahoo公式サイトに飛びます。

 

ワードプレスでキラキラ光るボタンの作り方を紹介します。簡単な3ステップで登録できるので、一緒に設定していきましょう!

 

ポイント
CSS設定方法
テキスト設定方法
ショートカット登録方法

ワードプレスで光るボタンを設定するにはCSS変更が必要

ワードプレスのメインメニューから「サイトを表示」をクリック

まず、ワードプレスのメニューからサイト表示をクリックします。

 

「カスタマイズ」のボタンを押す

カスタマイズ画面をクリックしてください。

 

「追加CSS」を押す

追加CSSを押す

CSSをコピー&ペーストする

cssに以下文言を記載する

 

コピーするCSSは以下の通りです。そのままご利用ください。

 

.type-shine {
font-size: 60px;
position: relative;
overflow: hidden;
}
.type-shine:before {
-webkit-animation: shine .6s ease 1.5s;
content:"";
position: absolute;
top: 0;
left: -250px;
width: 100%;
height: 100%;
transform: rotate3d(0,0,1,-45deg) translate3d(0,-120%,0);
}
@-webkit-keyframes shine {
0% {transform: rotate3d(0,0,1,-45deg) translate3d(0,-120%,0);background: rgba(255,255,255,0.5);}
100% {transform: rotate3d(0,0,1,-25deg) translate3d(0,150%,0);background: rgba(255,255,255,0.5);}
}

/*
* コンバージョンボタン
*/
.btn-cv {
padding: .5em 0;
overflow: hidden;
position: relative;
}
.btn-cv a {
border: solid #fff 3px;
border-radius: 12px;
box-shadow: 1px 1px 10px 0 #a1a1a1;
color: #fff;
display: block;
font-size: 1.6em;
font-weight: bold;
line-height: 1.3;
margin: 2em auto;
padding: 1em 2em .8em;
position: relative;
text-align: center;
text-decoration: none;
-webkit-transition: .2s ease-in-out;
transition: .2s ease-in-out;
vertical-align: middle;
width: 59%;
}
.btn-cv.is-fz20 a {
font-size: 20px;
}
.btn-cv a img {
vertical-align: middle;
}
.btn-cv a:after {
content: ' ' !important;
}

/* ボタン内のアイコン */
.btn-cv a:before {
content: "\f138";
font-family: "fontawesome";
font-weight: normal;
font-size: 1.1em;
margin-top: -.6em;
position: absolute;
right: 15px;
top: 50%;
}
.btn-cv a:hover {
box-shadow: 1px 1px 2px 0 #a1a1a1;
filter: alpha(opacity=70);
opacity: .7;
}

/* 2つ連続で並べる場合の余白 */
.btn-cv + .btn-cv a {
margin-top: 0;
}

/* 緑ボタン */
.btn-cv a {
background: #00a23f;
background: -webkit-linear-gradient(#00a23f, #39900a);
background: linear-gradient(#00a23f, #39900a);
text-shadow: 0 0 10px rgba(255,255,255,.8), 1px 1px 1px rgba(0,0,0,1);
}

/* 赤ボタン */
.btn-cv.is-red a {
background: #fb4e3e;
background: -webkit-linear-gradient(#00a23f, #39900a);
background: linear-gradient(#fb4e3e, #d64b26);
}

/* ピンクボタン */
.btn-cv.is-pink a {
background: #fb3edb;
background: -webkit-linear-gradient(#fb3edb,#fb3edb);
background: linear-gradient(#fb3edb,#fb3edb);
}

/* 青ボタン */
.btn-cv.is-blue a {
background: #09c;
background: -webkit-linear-gradient(#09c, #069);
background: linear-gradient(#09c, #069);
}

/* 黒ボタン */
.btn-cv.is-black a {
background: #666;
background: -webkit-linear-gradient(#8a8a8a, #666);
background: linear-gradient(#8a8a8a, #666);
}

/* ボタンの光沢 */
.is-reflection a {
overflow: hidden;
}
.is-reflection a:after {
-moz-animation: is-reflection 4s ease-in-out infinite;
-moz-transform: rotate(45deg);
-ms-animation: is-reflection 4s ease-in-out infinite;
-ms-transform: rotate(45deg);
-o-animation: is-reflection 4s ease-in-out infinite;
-o-transform: rotate(45deg);
-webkit-animation: is-reflection 4s ease-in-out infinite;
-webkit-transform: rotate(45deg);
animation: is-reflection 4s ease-in-out infinite;
background-color: #fff;
content: " ";
height: 100%;
left: 0;
opacity: 0;
position: absolute;
top: -180px;
transform: rotate(45deg);
width: 30px;
}
/* アニメーションを遅延させる */
.is-reflection + .is-reflection a:after {
-webkit-animation-delay: .3s;
animation-delay: .3s;
}
@keyframes is-reflection {
0% { -webkit-transform: scale(0) rotate(45deg); transform: scale(0) rotate(45deg); opacity: 0; }
80% { -webkit-transform: scale(0) rotate(45deg); transform: scale(0) rotate(45deg); opacity: 0.5; }
81% { -webkit-transform: scale(4) rotate(45deg); transform: scale(4) rotate(45deg); opacity: 1; }
100% { -webkit-transform: scale(50) rotate(45deg); transform: scale(50) rotate(45deg); opacity: 0; }
}
@-webkit-keyframes is-reflection {
0% { -webkit-transform: scale(0) rotate(45deg); opacity: 0; }
80% { -webkit-transform: scale(0) rotate(45deg); opacity: 0.5; }
81% { -webkit-transform: scale(4) rotate(45deg); opacity: 1; }
100% { -webkit-transform: scale(50) rotate(45deg); opacity: 0; }
}

/* CVボタン矢印揺れ */
.is-trembling a:before {
-webkit-animation-name:is-trembling;
-webkit-animation-duration:.8s;
-webkit-animation-iteration-count:infinite;
-webkit-animation-timing-function:ease;
-moz-animation-name:is-trembling;
-moz-animation-duration:1s;
-moz-animation-iteration-count:infinite;
-moz-animation-timing-function:ease;
}
@-webkit-keyframes is-trembling {
0% {-webkit-transform:translate(-3px, 0);}
100% {-webkit-transform:translate(0, 0);}
}

/* ボタンをバウンドさせる */
.is-bounce {
animation: bounce 4s infinite;
-moz-animation: bounce 4s infinite;
-webkit-animation: bounce 4s infinite;
-webkit-animation-delay: 4s;
animation-delay: 4s;
}
@-webkit-keyframes bounce {
0%, 4%, 10%, 18%, 100% {-webkit-transform: translateY(0);}
5% {-webkit-transform: translateY(-6px);}
12% {-webkit-transform: translateY(-4px);}
}
@keyframes bounce {
20%, 24%, 30%, 34%, 100% {-webkit-transform: translateY(0);transform: translateY(0);}
25% {-webkit-transform: translateY(-6px);transform: translateY(-6px);}
32% {-webkit-transform: translateY(-4px);transform: translateY(-4px);}
}
/* アニメーションを遅延させる */
.is-bounce + .is-bounce {
-webkit-animation-delay: .5s;
animation-delay: .5s;
}

/* ぷるるるるん! */
.is-purun {
-webkit-animation: is-purun 5s infinite;
-moz-animation: is-purun 5s infinite;
animation: is-purun 5s infinite;
}
@-webkit-keyframes is-purun {
0% { -webkit-transform: scale(1.0, 1.0) translate(0%, 0%); }
4% { -webkit-transform: scale(0.9, 0.9) translate(0%, 3%); }
8% { -webkit-transform: scale(1.1, 0.8) translate(0%, 7%); }
12% { -webkit-transform: scale(0.9, 0.9) translate(0%, -7%); }
18% { -webkit-transform: scale(1.1, 0.9) translate(0%, 3%); }
25% { -webkit-transform: scale(1.0, 1.0) translate(0%, 0%); }
}
@keyframes is-purun {
0% { transform: scale(1.0, 1.0) translate(0%, 0%); }
4% { transform: scale(0.9, 0.9) translate(0%, 3%); }
8% { transform: scale(1.1, 0.8) translate(0%, 7%); }
12% { transform: scale(0.9, 0.9) translate(0%, -7%); }
18% { transform: scale(1.1, 0.9) translate(0%, 3%); }
25% { transform: scale(1.0, 1.0) translate(0%, 0%); }
}
/* アニメーションを遅延させる */
.is-purun + .is-purun {
-webkit-animation-delay: .5s;
animation-delay: .5s;
}

/**
* ===============================================
* MediaQuery : スマホ対応
* ===============================================
*/
@media only screen and (max-width: 767px) {
/* コンバージョンボタン */
.btn-cv a {
font-size: 1.3em;
margin: 0 auto 1em;
width: 94%;
}
}

「公開」ボタンを押す

 

これでCSS追加の準備が終了です。

ワードプレスで光るボタンを実際に利用してみる

利用するテキストを選ぶ

 

このボタンであれば、以下文言をテキストに貼り付けてください。

<div class="btn-cv is-reflection is-trembling is-bounce">
<a href="">Follow me</a>
</div>

青色のボタンを希望する方は、以下文言を利用ください。

<div class="btn-cv is-blue is-reflection is-trembling is-bounce">
<a href="">詳細はこちら</a>
</div>

リンク先を設定する

例えばこのボタン。

テキストはこのようになります。
<div class="btn-cv is-reflection is-trembling is-bounce"><a href="https://nanohi.net/members-of-avengers//">おすすめの記事</a></div>

ワードプレスはビジュアル画面テキスト画面があります。光るボタンを利用するには、必ず、テキスト画面に文言を入力してください。

 

ビジュアル画面には【オーディブルの記事を見てみる】とか表示されません。表示されてる【オーディブルの記事を見てみる】にリンクを導入すれば、作業完了です。

 

以上が、CSSの設定と実際の利用方法です。最後に、毎回テキストを叩くのも時間が掛かるので、ショートカットを登録しましょう。

ショートカットを設定する

macの場合は「google日本語入力」をダウンロード

グーグルが無料提供するソフトです。

ダウンロード後、デスクトップでシステムを起動する

パソコンの上のこのような表記になっています。

 

 

 

ユーザ辞書を編集を起動する

【あ】のアイコンを押して、「ユーザ辞書を編集」を押してください。

 

 

ユーザー辞書の編集を行う

入力する単語と、変換する内容を入力します。

 

 

僕は「ひかる」と入力すると先ほどのテキストが変換されるように設定しています。後は、リンク先のURLを設定するだけです。時間短縮になるのでおすすめです。

 

Windowsの場合は単語/用例の登録を選択する

右下の道具箱を押し、「単語/用例の登録」を押す

 

 

読みと語句を登録します。

読み:ひかる

語句:<div class="btn-cv is-re...の流れです。

 

 

登録内容を変更・削除する場合

その場合は、「辞書ツール」をクリックします。

 

 

消したい単語を選択すれば、辞書から削除することが可能です。

 

 

以上です。

まとめ

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

 

そのほかにも、ブログ記事執筆において便利なツールや方法を紹介していますので、興味があればご覧ください!

 

参考サイト

ザ・サイベース

Tipfounds

おすすめの記事