学資保険は必要ない?その理由と根拠を検証
  • 学資保険はいらない! 
  • ○○の学資保険がおすすめです!

という記事が多く、結局何が正しいのか分からない・・・そんな経験ありませんか?

この記事では、生命保険会社に8年間勤務した経験を活かし、学資保険に加入する目的をお伝えします。

  • 学資保険って必要なの?

この記事であなたの疑問が解消されれば幸いです。

学資保険の目的

本

あなたは学資保険に何を求めますか?

学資保険とは、生命保険の一種で、主に教育費を貯めることを目的とする保険で、決まった時期に確実にお金を受け取れます。

保険会社によって、これ以外にもたくさんのオプションが付属するケースがありますが、基本的な機能はこの1点であると考えて問題ないでしょう。

そう考えると単純明快です。たとえば、以下グラフはある保険会社の学資保険の例です。

学資保険のイメージ2019年6月時点

200万支払って210万返って来るプランです。銀行に預けるよりお金が増えて返って来ます。

入学式には、どうしてもお金がかかりますよね。そんな時、保険会社はあなたが払ったお金の一部を返してくれます。上記プランであれば、大学入学時期に70万円を受け取れるのでとても助かります。

学資保険がおすすめな方は、自分でお金を貯められない人。または少しでもお金を堅実に増やしたい人です。

自分でお金を貯められない人

保険という性質上、学資保険は途中で解約すると戻ってくるお金が減るケースが大半です。そのため、保険をやめない限り&保険会社が潰れない限り、あなたは目標金額を100%達成できます。

銀行預金であれば、色々理由をつけて途中で解約してしまうリスクがありますよね。お金をすぐに使ってしまうクセがある人にはおすすめです。強制的に貯金を行いましょう。

お金を堅実に増やしたい

お金

学資保険は以前に比べて利回り減りましたが、それでも105%前後は増えます。

株やFXでもお金は増えますが元本は保障されていません。また、○年後に確実にお金が受け取れる保障もありません。学資保険のメリットは必ずお金が増え数年後に受け取る額も固定されている点です。

たとえば、お金が20年間で300%増える可能性がある株に投資して、学資保険代わりに利用するとします。

お子さんが中学校や高校に入学する年数はほぼ確定していますが、10年後、15年後にリーマンショックが訪れる可能性は全くわかりません。

つまり、今すぐに必要の無いお金を増やす目的なら、株や投資信託は非常に有効な手段ですが、解約時期を決めることができないため、学資保険代わりには向いていません。

学資保険以外で元本保障&お金が増える商品が欲しい!!という方は諦めてください。それが現実です。ほぼ増えますが、減ってしまうリスクも受けるなら、株や外国債券がおすすめです。

お金が増える割合とリスクについて、ざっくりですが以下の図を参考にしてください。

お金が増える割合

資産が増えやすい順番

リスクとリターン

リスクとリターン

学資保険の注意点

特約(オプションについて)


学資保険の目的は、いかに効率よく教育費を貯めるかです。ですが、保険会社によっては色んなオプションを提案してきます。

  • 死亡特約
  • 医療特約
  • 災害特約・・・

など、種類はさまざまです。保障内容は魅力的ですが、特約保険料は掛け捨てのケースが大半なので、無事に満期を迎えると保険料は1円も返ってこないきません。

何も起きなくてよかったですね♪で納得するのであれば、オプションを付けましょう。少しでも効率よく元本を確保しながらお金を貯めたい&増やしたい方は、オプションは必要ないです。

契約期間中に万が一のことが起きた場合

死亡保険が付いていないシンプルな学資保険に加入したものの、万が一が起きたらどうなるのでしょうか?それは各保険によって異なりますが、大体は以下のような対応になります。

  • 契約者(親)が亡くなったの場合:以後の保険料払込が免除。
  • 被保険者(お子さま)が亡くなった場合:死亡給付金として既払込保険料相当額が支払われる。

契約者が亡くなった場合は、保険会社が代わりに保険料を支払ってくれるイメージです。決められた歳までお金はもらえません。

お子様が亡くなった場合、以後の教育資金は必要ないため、契約からその時点まで支払った保険料に近い金額を受け取れます。

学資保険のまとめ

学資保険とは、生命保険の一種で、主に教育費を貯めることを目的とする保険を指します。決まった時期に確実にお金を受け取れます。お金を堅実に増やしたい人は加入しましょう。

おまけ

あなたは今、新たな疑問が生じているかもしれません。

いやいや、学資保険だけを切り取って考えると簡単だけど、生命保険全体を考えると、我が家に学資保険は本当に必要なの??? 学資保険だけに毎月1万円以上も払えない・・・

その通りです。保険はこの世に存在するリスクの数だけ存在します。

  • ケガや病気、がんになった時
  • 老後の生活資金
  • 万が一の際
  • 介護

全てのリスクを保険でカバーするのは不可能です。(可能ですが、やたらお金がかかります。)

生命保険は1,000種類以上あります。30代〜40代はこのプランが人気!!なんて情報は気にせず、 車や結婚式場を選ぶのと同じぐらい真剣に考えてください。

支払う保険料は月々1万円であったとしても、1年間で12万円。30年続けると360万円です。

車を買う時や結婚式場を選ぶ時、真剣に時間を掛けて比較したり展示場に足を運んだりしますよね?

まずはご自身で調べてみて、分からないことは現在の担当者や無料保険相談サービスの担当者に最新の情報を確認するようにしましょう。

保険は合理的に考えて、必要な物だけ加入していきましょう。最後までお読みいただきありがとうございました!

 

参考記事:
フコク生命 みらいの翼 仕組み・保障内容
ソニー生命 学資保険趣味レーション

おすすめの記事