kenja-no-mago

 

動画を今すぐ無料視聴したい方は、こちらからどうぞ!

movie

 

アニメ「賢者の孫」の3話(2019年4月25日深夜放送分)の公式配信動画を無料視聴する方法をまとめています。

 

2つの方法
  1. 見逃した1話のみ無料視聴する
  2. 見放題プランでまとめて無料視聴する

 

なお、アニメはU-NEXTで全話配信予定です。

 

現在、1ヶ月の無料体験キャンペーン中なので、全話視聴したい方はこちらからどうぞ!
U-NEXT
動画配信サービス無料体験特典
U-NEXT31日間600ポイント

*無料期間中に解約すれば、利用料0円

*解約手数料も一切かからないので安心です!

アニメ賢者の孫(3話)|放送前の予想と期待シーン

blog

もう内容なんか深く考えません。
とにかくこちらの想像を超えた無茶な展開を期待するだけです!主人公チート能力者なんですから何がこようと問題なくぶっ飛ばしていくんでしょう。寒い会話とか設定なんてこだわるな。といっても何で日本の官僚システムモデルにしているんだか。まあ細かいことはどうでもいいか。
ヒロインどんどん増えてくれ楽しみはそれだけです。勢いで突っ走れと思うんですがなんかどうにも引っかかるところがあるんですよね。たぶん3話以降で具体的になるんでしょうけど。
主人公が転生ものなのに影を持たず純真なのはもう良しとします。多少性格がゆがんでますが聖人ではないのでこれもひとつの個性です。ストーリー演出粗ばかりですがもうこういうものだと認めて頭空っぽでこうはならんだろうと突っ込みを入れながら見るのがこの作品の楽しみ方だと思います
30代男性
学院のみんなにシンの強さを見せつける流れになってほしいです。
試験のときも入学式のときも殿下の発言で去ることになったのに、なぜか悪い方向に進む原因をシンだと考えているので自身があるなら実力で勝負してほしいです。そこであっさり負けて自分の弱さを嘆き逃げることになるのか、それを認められず何か奥の手を出すのかどちらでもいいですが、展開としてはシンの非常識な力を見せつけるためのかませ犬になってほしいです。さらにその強さを見せつけることでシシリーがもっとシンを好きになってマリアや殿下にからかわれるというギャグ要素もたくさん見たいです。どんどん場面展開してテンポが速いですが、シンの強さを知らしめるところだけはじっくり見せてほしいです。
20代女性
サブキャラたちの個性を際立たせてほしい
1話2話はまあ俺Tueee系主人公のテンプレの塊でしたから、3話までテンプレで作られているなら3話切りです。
テンプレ通りじゃんと思わせておいて、そこからズラすとかテンプレから外れる方向になってくれるといいなと思います。
主人公のシンにあまり魅力を感じないので、その分サブキャラたちの個性を際立たせてほしいですね。
2話までの時点だと、サブキャラも悪役も、シンを引き立てるための役割しか与えられていないように見えるので、もっと物語に深く関わったり、物語を大きく動かすぐらいの行動はしてほしいものです。
あと、マリア役の若井友希ちゃんの他に、久保田未夢ちゃんもキャスティングされているみたいだけど、i☆Risファンとしては他のメンバーにも加わってほしいなあ。
30代男性

アニメ賢者の孫(3話)|動画配信情報まとめ

pic

  • 放送を見逃した…
  • 見逃した1話を見たい…
  • もう一度名シーンを見直したい!

 

という場合には、動画配信サービスの『無料お試し体験』+『ポイント』を利用すれば無料で視聴できます。

 

比較表
会社u-nexthulufodparaviAmazonPrimeVideodanimedtv
作品-
無料体験31日14日31日30日30日31日31日
ポイント600円-1,300円----
詳細公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

←横にスクロールして下さい→

見放題プランでまとめて無料視聴する

  • 一気にまとめて1話から最新話まで見たい!
  • 都度レンタル料金を支払うのは嫌だ…

 

そんな方は見放題サービスがおすすめです。

 

 

U-NEXTなら30日間の無料キャンペーン中ですので『無料お試し体験』+『見放題』を上手く利用しましょう。

 

現在1ヶ月の無料体験キャンペーン中
U-NEXT
動画配信サービス無料体験特典
U-NEXT31日間600ポイント

*無料期間中に解約すれば、利用料0円

*解約手数料も一切かからないので安心です!

アニメ賢者の孫(3話)|あらすじ

原作漫画(吉岡 剛)
監督田村正文
脚本髙橋龍也
制作会社SILVER LINK.
公開日2019/4/25
キャスト(声優)小林裕介・小松昌平・本泉莉奈・若井友希・屋良有作・高島雅羅・森川智之・久保田未夢・志田有彩・山口 愛・長妻樹里・小林 千晃・河本啓佑・葉山翔太・佐藤沙耶・吉七味・雛乃木まや
関連記事アニメ『賢者の孫』はなぜ面白い?

アニメ賢者の孫(3話)|見所3点

  1. 両目に眼帯の魔法使い「シュトローム」の登場
  2. 迫力のバトルシーン
  3. 新しい英雄、シン=ウォルフォード

 

1・2話のマッタリした流れから一転、シリアスな展開でいよいよ物語が動きだした今回。

胡散臭さ全開のシュトロームが登場です。

魔物増加の事件といい、カートの魔人化といい、絶対犯人はこの人でしょ!カートとのやり取りからすれば、シュトロームは魔人を量産する方法を知っているようですし、今後シン一人では対処が難しそうです。

「究極魔法研究会」はその伏線ですよね?ですよね??そして迫力のバトルシーン!魔法がドッカンドッカン炸裂していましたね。

本格的なバトル(大乱闘みたいなやつ)への期待が持てました。

今回で賢者の孫から新英雄に昇格したシン。彼は今後どのように自分の才能を開花させていくのか、続きが気になります。

アニメ賢者の孫(3話)|ネタバレ

シンは護衛のため、シシリー、マリアとともに登下校することとなった。
初登校からアツアツのシンとシシリー。

「朝から胸焼けしそう…」
二人の様子を後ろから眺めるマリアは、朝からゲンナリである。

授業初日は、担任の案内によりSクラス全員で校内の見学だった。

魔法学院の校舎は大きく分けて二つ。

授業で使う校舎と、生徒会室・実験室・研究室に使われる校舎だ。

研究室は研究会で使用される。
研究会はいわゆる『部活動』である。

オーグから研究会を立ち上げてはどうかと提案されるシン。

言われたシンが戸惑っている間に、Sクラスの担任が顧問、

Sクラス生徒が研究生で「究極魔法研究会」が発足することとなってしまう。

―アールスハイド王国王城、月例報告会―

ここ一年での魔物の出現件数が大幅に増えた報告を受け、この異常事態に対し人為的なものを感じた王国幹部たち。

王国はこの件に対し、大規模な調査を行うことを決定した―。

「カートが自宅謹慎?」シンは、オーグからカートの自宅謹慎についての報告を受けていた。

シンはカートが執拗に身分を振りかざす態度に疑問を持っていた。

カートの急激な人格の変化は、彼を中等学院から知っているメンバーも不審に思っている。

カートの変化は中等部3年の時、ある魔法使いの研究室に入ったことがきっかけで起こったものらしい。

その名はシュトローム。

オーグ曰く、胡散臭い。

帝国から亡命してきた、両目に眼帯の魔法使いであった。

シュトロームは、それなりに魔法が使える生徒に片っ端から声を掛けていたらしい。

リッツバーグ邸に訪れていたシュトロームは、自宅謹慎中のカートと面会していた。

シンが邪魔だと話すカートに対し、シュトロームはシンに思い知らせてやれと進言し、力を授けた。

リッツバーグ邸を去る際、シュトロームが不穏な笑みを浮かべながらつぶやく。

「カート君、せいぜい頑張って踊ってくれよ…」

Sクラスのメンバーと食事をしているシンたち。

索敵魔法により相手の「害意」を感知できる。

そんな話から、シンが魔物を狩ったことがあるという話に発展していた。

もちろん、シン以外に魔物を狩ったことがあるメンバーはいない。

初めて魔物を狩ったのはシンが10歳の時と聞いたメンバーは、相変わらずのシンの規格外ぶりに、驚きを通り越して呆れる程だった。

昼食後、午後から研究会の説明を受ける予定のシンたちは校内を移動していた。

その時、シンが索敵魔法により害意を感知する。

害意を向けられているその方向には、カートの姿があった。

カートはシンたちに向かって魔法を放つ。シンは咄嗟に魔法障壁を展開し、これを回避する。

攻撃が失敗したカートは怒りをあらわにし、制御しきれない魔力をまといながら、魔人化した。

シンは他の生徒を非難させ、魔人を食い止めるために一人で戦うことを決意する。

戦いの中、カートにまだ理性が残っていることに気づいたシンは、魔人の魔力を制御し、もとの人間に戻す方法を考えていた。

カートを人間に戻すことに、有効な手段を見つけられないシン。

シンに押され劣勢になったカートは、自分に魔力を集中し、暴走させるつもりだ。

学園が吹き飛ぶほどの魔力がカートに集中している。

シンはギリギリまで迷っていたが、もう時間がない。「許せ!カート!」
剣を取り出し、カートに突進するシン。

シンの一撃で、カートの首が飛ぶ。シンは見事に魔人を討伐し、魔力の暴走を食い止めたのだ。

かくして、歴史上二体目の魔人は討伐された。

新しい英雄、シン=ウォルフォードの誕生である。

アニメ賢者の孫(3話)|感想と口コミ

おすすめの記事